フクログ

気になる情報をほぼ毎日配信中!

スポーツ

中村俊輔はなぜジュビロ磐田に移籍?マリノスフロントとの衝突が理由?

横浜Fマリノスに所属していた元日本代表の中村俊輔選手が、2017シーズンよりジュビロ磐田に電撃移籍するという衝撃的なニュースが流れてきました。

マリノス一筋でクラブに貢献してきただけにファンからは悲鳴の声が多数上がっていますが、なぜ俊輔はマリノスを退団するに至ったのでしょうか?

調べてみると、マリノスと業務提携したシティ・フットボール・グループが関係しているようです。

それでは真相に迫っていきます。

Sponsored Link

中村俊輔が横浜からジュビロ磐田に電撃移籍!

中村俊輔

引用元:http://www.zakzak.co.jp/

元日本代表の10番を背負い、昨シーズンまでは横浜Fマリノスでプレーをしていた中村俊輔選手が、2017年シーズンよりジュビロ磐田に電撃移籍することが発表されました。

マリノス一筋でクラブの発展に大きく貢献していた俊輔の移籍には私自身非常に驚きましたし、他の人も同じ意見でしょう。

俊輔は現在38歳です。38と言えばもう筋力や体力などが落ち、サッカー選手としてもう引退も考えなければ行けない年齢で、実際に近頃は出場機会も減ってきていました。しかし、それでも試合に出た際には周りをしっかりと見た冷静沈着のプレーを得意のフリーキックを決めるなど、その年齢からは考えられないようなプレーもしていました。

 

なぜ中村俊輔はマリノスを退団したの?

では、なぜマリノスはそんな俊輔を手放してしまったのでしょうか。

選手という存在以上に、日本代表やヨーロッパのクラブという一流の場で戦ってきたという大きな経験を持つ俊輔はマリノスにとってとてつもなく貴重な存在で、これまで多くのものをもたらしてきたことは明白でしょう。

特に若手選手にとっては勉強になることばかりだったと思います。マリノスにとってそんな俊輔の損失がどれほど大きいものなのか、想像もできません。

いろいろ調べていくと、俊輔の退団には、マリノスと業務提携しているシティ・フットボール・グループが大きく関係しているようです。

Sponsored Link

俊輔が磐田に移籍した原因はシティ・グループ?

シティ・フットボール・グループとは、プレミアリーグの強豪であるマンチェスター・シティーを傘下に収める会社です。

シティ・グループは豊富な資金源をもとに他にもニューヨーク・シティFCやメルボルン・シティFCといったクラブを傘下に収め、球速に事業を拡大。2014年にはマリノスとも資本提携を結びました。

そんなシティ・グループがマリノスのクラブ経営に深く関わり、今回の俊輔移籍の原因を作ったと言われているようです。

マリノスは俊輔以外にも、クラブを長年支え、昨年はクラブで唯一のリーグ戦全試合フル出場を果たした元日本代表の中澤佑二選手に年俸を半額提示したことでも話題を集めました。これもシティ・グループが関わっているとのこと。

もちろん両選手ともサッカー選手としては高齢ですし、もっと若い選手を使うという方針はあるかと思いますが、クラブの功労者に対しこういった扱いをすることは、本当に悲しいことだと思います。

なかなかサッカービジネスというものが上手く行かず世界に遅れをとっているJリーグのクラブと、プレミアのビッククラブを傘下に持つ企業が資本提携することは今後のJの可能性を感じます。しかし、人がお金で動かないのも事実。

こういったことでJリーグファンが減ってまわないことを祈りたいと思います。。

 

何はともあれ、俊輔には磐田でも伸び伸びとしたプレーをしてもらい、またあの芸術的な左足でのフリーキックを見せてもらいたいです!

Sponsored Link

-スポーツ