フクログ

気になる情報をほぼ毎日配信中!

スポーツ

三原舞依が膝の難病に?病名は若年性突発性関節炎で症状や完治はする?

現在アメリカで開催中のフィギュアスケートGPシリーズ第一戦に、17歳でシニアデビューの三原舞依が出場し、女子ショートプログラム(SP)で浅田真央を抜く2位を記録。フリーでの演技に注目が集まります。

そんな三原舞依ですが、なんと膝に、若年性突発性関節炎(リウマチ)という難病を抱えていたことが発覚。

突如フィギュアスケート界に現れた新星、三原舞依を苦しめた関節の病気の症状は一体どういったものなのでしょうか?完治はするのでしょうか?

真相に迫ります。

Sponsored Link

三原舞依が膝関節の病気に?難病だった?

三原舞依,難病,病気

フィギアスケートGPシリーズ第一戦の女子ショートプログラムが行われ、シニア初参加で弱冠17歳の三原舞依(みはらまい)が好演技を披露。

64・47点で5位の浅田真央を引き離す65・75点を記録し、首位のアシュリー・ワグナーを追う第2位に付けています。

そんな今大注目の三原舞依ですが、今回のGPシリーズは難病を乗り越えてのデビューだったそうなんです。

三原さんは昨年末頃から膝の痛みに悩まされ診断を受けたところ、全身に激痛が走る「若年性突発性関節炎」という難病を煩っていることが判明したとのことです。

三原舞依の難病の病名は若年性突発性関節炎(リウマチ)

三原舞依,若年性突発性関節炎,完治

この若年性突発性関節炎という難病はどういったものなのでしょうか。

この病気は、定義としては16歳以下の子供に発症する関節の病気のことを言います。

小児(16歳未満)で発症する関節リウマチ(関節炎を主な症状とする病気)のことです。
“若年”とは「若い」ということですが、ここでは「小児」という意味で使っています。“特発性”とは「原因不明」を意味する医学用語です。
これまでは国によって、「若年性慢性関節炎:JCA」や「若年性関節リウマチ:JRA」など呼び名が異なっていましたが、現在では「若年性特発性関節炎:JIA」と世界的に統一されています。

引用元:http://www.riumachi.jp/jia/about/index.html

原因不明で突発的に発症するって、怖いですね。しかも子供のときですし。。

この病気は、10万に1人の発症率と推定されている難病だとのこと。。

これだけ医療技術が進歩した現代でも真相が究明されていないというのも驚きです。大げさな言い方かと思っていましたが、本当に難病なんですね。

Sponsored Link

若年性突発性関節炎の症状は?完治はするの?

今回三原さんを苦しめた若年性突発性関節炎という病気になると、どういった症状が出るのか気になります。

この病気は上でも述べましたが原因不明の関節炎だとのこと。

慢性的な関節の炎症です。 関節に炎症があることで、痛みだけでなく、赤くなる、腫れる、熱をもつ、動かしにくいなどの症状がみられます。
適切な治療を受けないと関節破壊が進行して、関節としての機能が果たせなくなることがあります。

引用元:http://www.riumachi.jp/jia/about/case.html

「関節としての機能が果たせなくなる」ってやばくないですか...?

そして、この病気には、全身型・小関節型・多関節型の3つのタイプがあるそうです。

今回は各タイプの具体的な症状の説明は省きますが、三原舞依は「全身に激痛が走る」ということなので、おそらく全身型か多関節型のどちらかではないかと思います。

この病気の中でも症状が重い方ということなんですかね。。

そして、完治についてですが、原因不明の難病ということでまだ確証は得られていないそうなのですが、この若年性突発性関節炎を発症した半数以上が完治したというデータもあるそうなので、完治の可能性は高いのではないかと思います。

 

こんな難病になりながらも必死に努力して克服し、今フィギュアスケートで浅田真央より上の順位にいるって、すごすぎます。。

並大抵の努力でここまで来ること絶対にできないと思います。

是非フリーでも素晴らしい演技を披露してもらいたいですね!三原舞依の演技に注目です!

関連記事

木口亜矢が子宮系の病気で手術!病名やがんの症状は?副作用で激やせ?

Sponsored Link

-スポーツ