フクログ

気になる情報をほぼ毎日配信中!

事件

三浦九段の不正の真実!スマホの将棋ソフトでカンニングと連盟が判断?

2016/10/13

将棋の三浦弘之9段が、将棋ソフトを使った不正疑惑で出場停止処分を日本将棋連盟から言い渡され、大きな波紋を呼ぶ展開に。

事実が明らかになっていない段階で処分を下した将棋連盟に対し、疑問の声が多数上がっているようです。

Sponsored Link

三浦九段がスマホでの不正疑惑で公式戦出場停止に!

三浦九段、不正

将棋の対局中にスマートフォンの将棋ソフトを使った不正をしていた疑惑で、日本将棋連盟は三浦弘之9段に対し、年内の公式戦の出場停止処分を科しました。

この処分により三浦九段は、第29期竜王戦七番勝負に出場ができなくなり、代わりに丸山九段が出場するという異例の展開になりましたね。

三浦九段はこのカンニング疑惑に対し、「ぬれぎぬです。」とコメントし、真っ向からこの疑惑を否定しています。

「別室で休んでいただけだ。」と反論しているようです。

Sponsored Link

将棋連盟の三浦九段に対する処分は正しかったの?

三浦九段、将棋連盟

今回の三浦九段に対する、日本将棋連盟の処分は本当に正しかったのでしょうか。

まだ疑惑の段階ですし、三浦九段は本当に何もしていないかもしれないのに、本人が真っ向から否定し真実が明らかになっていないこの段階で処分を下したことに、多くの人が疑問を抱いているようです。

皆さんも述べられているように、三浦九段が不正をしたという事実がない段階で処分を下すにはいったいどういうことなのでしょうか?

ちょっと私には理解できません。

そしてこの処分に対する報道の仕方によっては、まだ事実が何も明らかになっていないにも関わらず、「三浦九段が不正を行っていた」というイメージが一人歩きしてしまう可能性も十分にありえることなので、報道の仕方には十分に気を配ってほしいですね。

そして何より、将棋ファンにとっては、三浦九段の対局を見ることができないのは非常に残念なことなので、今回の疑惑がデマであることを願います。

Sponsored Link

-事件