フクログ

気になる情報をほぼ毎日配信中!

政治

三宅洋平って何者?テラスハウス出演やモデルの嫁、選挙の政策は?

2016/08/04

 

7月10日に参院選がありますが、無所属の三宅洋平という人物を応援、支持する声が若者を中心にFacebookやTwitterなどのSNS上で増えています。

これまで全く世に出ていなかったので、三宅洋平がどんな人物なのか分からない人が多いのではないでしょうか?

SPONSORD LINK

Sponsored Link

また、彼の名前で検索すると「テラスハウス」のワードが出てきます。

そこで今回は、三宅洋平とはどういった人物なのかやテラスハウスとの関係、また奥さんのことや彼の掲げる政策についても紹介します。

 

三宅洋平って一体何者なの?彼の掲げる政策とは

三宅洋平

引用元:twitter.com

三宅洋平とは一体何者なのでしょうか?

三宅 洋平は、日本の音楽家・政治活動家・社会活動家。ベルギー生まれ、早稲田大学第一文学部卒、元リクルート社員。政治団体「日本アーティスト有意識者会議」代表。
生年月日: 1978年7月24日 (37歳)
生まれ: ベルギー
著書:「選挙フェス」17万人を動かした新しい選挙のかたち
引用元:Wikipedia

経歴を見るとかなり優秀な方ですね(笑)

早稲田大学からリクルートへ入社する人はたくさんいますが、そこから政治家を目指すのはかなり稀有な存在だと思います。

 

選挙に関しては、山本太郎と共に活動し「脱原発」「消費税を廃止し富裕税の導入」「TPP不介入」「幼から大まで学費無償化」などを掲げ、渋谷などで熱心に街頭演説をしています。

三宅洋平、山本太郎

引用元:anakaryusaku.jp

 

、、うーん。なんかそれらしいことを言ってますが本当に大丈夫なんですかねこれ。

消費税を廃止して富裕税を導入ってなんですか(笑)そんなことしたらますます富裕層は外国に逃げちゃいますよ。ただでさえ今も法人税高すぎて海外移住する人が増えているのに。

そんなことになったら富裕層から富裕税なんて取れませんが大丈夫なんですかね(笑)

 

まあ彼は演説が上手かったり、「LINEで投票依頼」という作戦を実行したりと色々なことをしているのでそれなりの票は集めるんじゃないですかね。

ただ、彼のアツい演説を聞いて感化されている若者をみると本当に心配になります。これは私の勝手な想像ですが、彼の演説を聞いて感化される若者って、これまで勉強もまともにしてこなかったバカなやつとかですよね多分。まあ中には頭の良い大学に通っている人もいるかもしれませんが、たぶん大多数は違いますね。

 

若者が政治に関心を持つ事は本当に大事なことです。しかし、だからといってまともに政治の勉強もせず彼の政策も正しいと鵜呑みにするのは本当に愚かですよ。ちゃんと勉強すれば何が正しくて何が間違っているのかくらい分かります。

これはシールズを応援している人にも言えますよね。まあシールズに関して言えば、共産党と共に行動することがどれだけ馬鹿なことか気づけないとかほんとヤバいですよ(笑)

 

三宅洋平のことに懸念を持つ人はたくさんいます。

例えば、最近テレビに引っ張りだこの都議会議員おときた駿さん。

 

他にはブロガーのイケダハヤトさん。

まあ大多数の人はそう思うでしょうね。

 

三宅洋平と「テラスハウス」の関係

SPONSORD LINK

Sponsored Link

「三宅洋平」で検索すると、検索候補欄に「テラスハウス」というワードが出てきます。

全く関係ないように見えますが、「三宅洋平」と「テラスハウス」にはどんな関係があるのでしょうか?

 

これは、三宅洋平とかつてテラスハウスに出演していた今井洋介さんという方が関係しているようです。

今井洋介

引用元:http://kzm91989.com/

どことなく風貌が似ていますし、名前も似ているので間違えて検索した人が多かったのかもしれませんね。

 

三宅洋平の奥さんはだれ?

三宅洋平は一度結婚されてお子さんもいますが、現在は離婚されてるようです。

元奥さんはモデルでDJの坂田かよさんです。

坂田かよ

引用元:http://spysee.jp/

モデルをしているだけあって美人な方ですね。

離婚について以前三宅洋平は、

深くは詮索せんといてください。色々あるのが、人生です。

と語っており、詳しい離婚理由までは分かりませんでした。

 

三宅洋平まとめ

今回は、今話題の三宅洋平についてまとめてみました。

「日本を変えたい」と自ら立候補したのは素晴らしいことですし、若者が政治に関心をもつことは良いことです。

しかし、一時の盛り上がりや感情論で、ちゃんと政治の勉強もせずに投票することで政治が良くなるとは到底思えません。

若者は、周りに便乗して国を批判したりデモに参加するのではなく、もっとちゃんと政治について勉強しましょう。

SPONSORD LINK

Sponsored Link

-政治