フクログ

気になる情報をほぼ毎日配信中!

スポーツ

サッカー代表 カタール人審判の誤審でUAEに敗戦!ビデオ判定導入は?

2016/09/03

本日に行われたサッカーワールドカップ最終予選のUAE戦で日本代表が1対2で敗れ、厳しい船出となりました。

今回の試合でカタール人審判、アブドゥルラフマンの不可解な判定が多く批判が殺到しています。

不可解なファールや浅野のシュートもゴールラインを完全に割っていたのにも関わらずノーゴール判定。

ゴールラインテクノロジーがこれだけ発展したのにも関わらず、ビデオ判定がなぜ導入されていないのかも気になったので調べてみました。

SPONSORD LINK

Sponsored Link

サッカー日本代表がワールドカップ最終予選でUAEに破れる!

サッカー日本代表

本日9月1日に行われたサッカーワールドカップ最終予選の初戦で、日本代表がUAEに破れ厳しい船出となりました。

試合開始早々に本田圭祐のゴールで幸先よいスタートを切るも、すぐに昨年のアジア年間最優秀選手にも選ばれた11番のハリルに素晴らしいフリーキックを決められ、あっという間の同点に。

後半には、A代表初出場の大島が痛恨のPKを与えてしまい、ハリルに2点目のゴールを奪われ逆転を許しました。その後の怒濤の攻撃も決定機を活かせずそのまま試合終了。

データ的に、最終予選の初戦で破れた場合のワールドカップ出場は0%ということで非常に厳しいスタートとなりました。

 

カタール人審判が誤審連発で批判殺到

浅野選手のシュート、誤審

そんな、本日の試合で笛を吹いていたカタール人審判の誤審が物議を醸しています。レフリーの名前はアブドゥルラフマンです。

問題になったのは後半32分の浅野選手の左足シュート。

浅野選手が放ったシュートはゴールラインを割っていましたが審判はノーゴール判定。ビデオで見ると完全にゴールを割っており、この判定に批判が殺到しています。

中東の笛」とはまさにこのことでしょうか。。

そもそもUAEの隣国のカタール人がなぜこの試合を任せられたのかも気になります。

その他にも、宇佐美選手が倒されたプレーはPKかと思われましたがこちらもノーファール判定。不可解な判定が相次ぎました。

今回の不可解な判定について、日本サッカー協会の田嶋幸三会長はAFCとFIFAに抗議文を提出すると述べています。

試合後に判定が覆るなんてことはあるんでしょうかね??

カタール人が審判をすることは前から分かりきっていたことなので、試合後ではなく試合前にそもそも抗議をしなければいけなかったように思います。。

SPONSORD LINK

Sponsored Link

なぜビデオ判定が導入されていないの?

今回の誤審で、ビデオ判定導入の声が相次いでいます。

調べてみるとゴールラインテクノロジーがヨーロッパを中心に導入されているようですが、まだアジアでは導入できるレベルにない、ということだと思います。

バレーやテニス、野球といったその他のスポーツでは、すでにチャレンジ制度などの判定に異議を唱える事ができる制度が整っている状況ですよね。

サッカーでも、ゴールラインの横に審判を配置しゴールラインが割っているかを判断したり、センサーで感知する機械を導入したりと、世界では改革が進んでいるので是非共アジアでも導入をしてほしいものです。

浅野選手がシュートをもっとちゃんと打てていれば、という意見もありますが、今回のは完全にゴールラインを割っており本来はゴールの判定になるものなのであまり浅野選手を批判するのもどうかと個人的には思います。

SPONSORD LINK

Sponsored Link

-スポーツ