フクログ

気になる情報をほぼ毎日配信中!

スポーツ

アンプティサッカーとは?義足の少年 石井賢くんと本田圭祐 24時間テレビ

8月27,28日に行われる24時間テレビで放送される、義足のサッカー少年  石井賢(いしいけん)くんのエピソードを紹介したいと思います。

不慮の事故により左足を失うという大事故に遭いながらも、夢に向かって懸命に努力する石井賢くんの姿に心を打たれると思います。

石井賢君が目標を取り戻したのは、「アンプティサッカー」という競技でした。そこで今回は、そんなアンプティサッカーのことについても紹介したいと思います。

 

24時間テレビで「義足のサッカー少年石井賢君 本田圭佑との約束」が放送予定

アンプティサッカー、石井賢

8月の27、28日にかけて放送される「24時間テレビ 〜愛は地球を救う〜」で、義足でサッカーをする少年の物語が放送される予定です。

タイトルは、「義足のサッカー少年 本田圭佑との約束」。

義足の石井賢君に、サッカー日本代表エースの本田圭祐選手がサプライズ訪問するそうです。放送が楽しみですね。

 

そんな、事故で左足を失い絶望を感じていた石井賢君に希望を与えてくれたもの。。それが「アンプティサッカー」でした。

 

石井賢君が熱中するアンプティサッカーとは?

そんな石井賢君が出会った「アンプティサッカー」とは一体どういった競技なのでしょうか?

アンプティサッカー(amputee soccer = 切断者サッカー)とは、主に上肢、下肢の切断障害を持った選手がプレーするサッカーである。

引用元:Wikipedia

 

アンプティサッカーとは簡単に言うと、足に何かしらの障害を持った人が松葉杖を使って行うサッカーのことです。

従来のような障碍者スポーツに必要とされた専用の器具を必要とせず、日常の生活やリハビリ・医療目的で使用しているクラッチ(主にロフストランドクラッチ)で競技を行うため、足に障害を持つ人々にとっては、最も気楽に楽しめるスポーツとして海外、そして日本国内でも急速に普及・認知度が高まっている。

引用元:Wikipedia

近年人気を博しており、非常に注目されている障碍者スポーツのようです。

 

アンプティサッカーのルールは?

アンプティサッカーのルールはどういったものなのでしょうか?

基本的にはサッカーと同じで、以下がサッカーとは違ったルールです。 

・フィールドプレーヤーは下肢切断者、ゴールキーパーは上肢切断者が担当する。

・フィールドプレーヤーは移動のためにクラッチを使用するが、このクラッチをボール操作に使用することはできない(故意に触れた場合はハンドとなる)

・ゴールキーパーはペナルティエリアから出ることができない

・タッチラインをボールが割った場合は、スローインではなくキックインでゲームが再開される

・フィールドプレーヤーは転倒した状態でボールを蹴ることはできない

・オフサイドルールは適用しない

・国際大会での試合時間は前後半25分の、計50分間で行われ、その間に10分間のハーフタイムがある

どちらかというとサッカーというよりフットサルに近いかもしれませんね。

日本国内でアンプティサッカーは非常に人気で、日本選手権が開催されるほどだそうです。

アンプティサッカーを通して、障害を持つ方達が夢や希望を取り戻す姿には本当に感銘を受けます。何不自由無い生活をしている我々にも考えさせられることが多いと思います。

今回の24時間テレビで、少しでもアンプティサッカーの存在が知れ渡り認知度が上がる事を心から祈っています。

-スポーツ